FC2ブログ

こんなん宣伝に来た

金曜日だったかな、スミスメディカルの方が宣伝に来ました
これです
20181012カフ圧計
カフ圧計なんですが、自動でカフ圧を一定に保ってくれるやつです。単3電池2本。
コヴィでも出ていましたが、これ、MURATAで作成している国産と言ってました。
しかも定価で10万円。値引きは期待しないでくださいと言ってました。
安くないですか?よさげなんですけど。皆さんどうでしょうか?
え?製品名?・・・
あらいやだ・・・

20181012クラフトボトル
これはですね
ボスのクラフトボトルをコンビニで買いました
あったかいヤツ
車のボトルホルダに入りませんでした
黒くてぶっといの
先っちょだけ入れてそのまま車を出してカーブでハンドル切ったら
飛んでったわ

車内がコーヒーの香りで満ちました

スポンサーサイト

技術の継承?

あれはちょうど10年前・・・
いや、10年以上前だと思うんですが、当院で水銀血圧計をやめる話と聴診法から電子血圧計に切り替えるという話が出てきた頃の事だったと思いますが、10年前なのでその辺はさだかでありません
が、電子血圧計って手もあるよねって話が上がった時に、看護師が技術が失われるんじゃないかって心配していた。
ディジタルの方が記録に残って便利であるけども、科学技術の進歩によっていらなくなる技術があって、その機器を使う技術が必要になるわけですね。誰でも測れるのは画期的な生産性の向上ではないでしょうか。
聴診法は一時代を築いた技術だし、私も透析勤務時代には毎日測定していたので無くなるのは寂しいです。
で、どうしてそんな話をしているかと言いますと、週一で透析室の若いのがME室に手伝いに来るのですが、そこで血圧計の修理品があって、マンシェット袋替えるよう仕事を頼みました。やったことないみたいで試行錯誤しながら変えていました。その後、「じゃ、測ってみて」といって私は自分の腕を出しました。そうそう、血圧計はギヤフリーのGF700。後輩の一言。
後輩「測った事ありません」
はぁ?なめとんのかこいつ?
私「毎日測ってるだろ?」
後輩」機械で測ってます。コンソールの」
あっ・・・

そうなんですね。今はやらないんですね。便利になったもんですね。首に下げてる聴診器はシャント音聞くだけのようです。
なんかね、妙だったんですよ。血圧計見ながら、「音が鳴ったところが最高血圧でしたっけ?」とか言ってるから。そういう事だったのかぁ。おいさんの心境は複雑です。

安さゆえの~

シリンジポンプの更新をしております
テルモTE-332Sからクーデック(大研)CSP-120へ変更しました
ふっふっふ・・・
今回の更新でTOP-5500が2台とテルモTCIポンプ2台以外はCSP-120になりました
TCIは独占状態で替えれないので仕方ないが、これで一般のシリンジポンプからテ〇モを駆逐してやった
で、お値段は1台10万円ほどなのでリーズナブルなのですが、安い故、機能を期待してはいけません
いじってたら こんなん なってもうた
私は意地悪ですね
まずはこれ 動いてますがよく見てください
20181004 CSP-120 (2)
拡大するとこんな感じ
20181004 CSP-120 (3)20181004 CSP-120 (4)
本来シリンジバレルのフランジをスリットに入れるのですが、あえて入れず手前で固定。これでも検出します。10ccシリンジだからできることです ほかのシリンジはフランジが邪魔します
プランジャーのフランジを押し子のシリンジ押さえバーで挟み込む。内筒が斜めになって挟み込めないのですが、多少強引に挟み込みました。これで一番上の写真のように動きます

そんでもって次はこれ こっちの方が簡単(笑)
20181004 CSP-120 (5) 20181004 CSP-120 (1)
シリンジバレルのフランジをまたまたスリットに入れず後ろにずらす 
これはどのシリンジでもできたと思います 

というわけで、安さゆえの起こりやすい、間違った使用でも動いてしまう方法でした
お気を付けを~

どうなるかな?

次の安倍さんの内閣は、麻生、二階を切れるかが注目すべき点・・・らしい
でもきれないだろうってとこ・・・らしい

それと、総裁選の石破は善戦したのか?については、はじめトリプルスコアだったのに、ダブルスコアにされ、政治生命も終わらすことができなかったことから、善戦したという事
石破の勝利というより青木の勝利・・・らしい
イマイチよくわかりませんが、進次郎は青木、吉田と足並みをそろえた・・・とみるらしい

あと、俺たちの麻生・・・
私はファンではないのですがいい政治家だと思っておりました
しかし、総理時代リーマンショック後の経済を立て直せなかったがゆえに、民主党政権になってしまった
保守が経済知らないと最悪なことになる典型
民主党政権時代に悪夢の消費税増税の三党合意がなされましたが、それの道スジを作ったのが麻生
そして現在進行形で増税しろと圧力かけているのが麻生
財務大臣の在任期間が一番長いのが麻生(財務省のぽち)
白川の盟友、親中

そして増税決めたのは安倍総理

憲法改正取り下げて消費増税凍結がいいかもね

無事終了

9月13日に厚生局適時調査がありました
googleで適時調査実施要領等を検索して一番初めのサイトへ飛んでーの特掲診療料ってところ
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/dl/chousa_02-1-4.pdf
15ページの
♢医療機器安全管理料1(B011-4)
ってところにそってやっていきますと担当者の方がおっしゃって、進めていきました
こっちも分かっているので、すかさず資料を見せます
1 常勤の臨床工学技士が1名以上配置されている
  とい事で、当院は10名のCEが在籍しているので、10名分の出勤簿を見せました。
次に
2 医療安全管理部門を設置している
  これは、組織図を見せて、ここにありますと説明しました
  ここで大きなミス?!間違えて、我が”医療機器管理科”を示してしまった。いろんな名称が似すぎているので混乱してしまった
  医療安全管理部門、医療機器安全管理責任者、医療機器管理科、間違い探しですか?
  特に指摘されなかったのでセーフだったと思いますが・・・汗

3 医療機器安全管理責任者が配置されている
  ってことで、「私です」と
4 職員への研修が行われている
  研修報告書をファイルにまとめているので、今年のものを見てもらいました。説明を求められたので1例ずつ説明していきました。
5 保守点検が行われている
  大雑把な定期点検予定表を見せて、「このように大雑把ですが予定を立ててやってます。」と。保守契約書を見せてもよかったかもしれませんが、今回は要求なかったのでみせませんでした。それと、機器個別の点検ファイルを用意していたので、このようにやってますと言って見せました。ベッドサイドモニタ、呼吸器、輸液ポンプ、AEDのファイルだったかな。それと、当院では使用中の呼吸器やポンプ類にはチェックリスト(Nsチェック用)をぶら下げているので、その説明をしました。呼吸器は使用後ME室に降ろされて、回路組んで自己診断テストしてすぐ使用できるように待機していますと説明。(使用前後の点検兼ねる)

こんな感じでした。スムーズに進み、あっという間でした。
前回は、研修予定表を見せてくれと言われたり、これは院長は知っているのか?とか言われたが、担当官によって違いがあるんだなと思いました。違いと言えば、後輩が透析の水質の担当だったんですが、結構細かく調べられたようです。水質管理委員会の名簿、会議録、規約等
あとは、フットケア?系も突っ込まれて、電子カルテまで見られたようです。いつ診察したかとか電子カルテを追っていったようですが、事前にそこまで見るよと言ってくれれば用意しといたのにね。

総評は、医師数の届け出ができていないと指摘されていたのと、勤務表とかシステム関連で何やら言ってたな、さっぱりわからなかったけど

私、事前にビビりまくりでした。小心者なんです
プロフィール

すわるかも

Author:すわるかも
田舎の中規模病院でCEやっています。
病棟機器の保守管理
OP室の始業点検
眼科外来呼び込み
職業:臨床工学技士
他資格:准看護師

※※メールアドレス※※
suwarukamo㊥yahoo.co.jp
㊥を@に換えてください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
QRコード
QR