FC2ブログ

あれー?

あと一年あると思ってたんですけどね
最後の講習会に出ればOKだと思い、それが今年だと思っていました。
講習会への誘いのはがきが去年来ていて、あれって、昔、2年前から来てませんでしたっけ?
お誘いはがきが去年来ていたので、猶予が2年あると勘違いしていました
悲しいお知らせ2018
前に透析の認定士は失効してるんで、それに続けて呼吸の認定士も失効です
こういうところがもったいないですね
いろいろが面倒くさくなってきて
家から外に出たくなくて
勉強会参加もいかなくなりした
ニートになる日も近いか・・・
スポンサーサイト

どうなるかな?

麻生大臣によって財務省人事が発表されました

前職と入省年度
事務次官 岡本薫明(主計局長) 58
国税庁長官 藤井健志(国税庁次長)60
 財務官  浅川雅嗣(留任)   56
 主計局長 太田 充(理財局長) 58
 主税局長 星野次彦(留任)   58
 理財局長 可部哲生(総括審議官)60
 国際局長 武内良樹(留任)   58
 官房長  矢野康治(留任)   60
総括審議官 茶谷英治(主計次長) 61

塾長の見立てでは
・安倍首相は最悪は逃れたが、押し切れなかった。
・岡本新次官も絶対の安全圏を守ったけど、引きずり出された。(誰に?)

今後の考えられるシナリオ
①増税まっしぐら
 「もう増税しても大丈夫だ」という大キャンペーンで洗脳される。
  2013年7月の再現。
②妥協
 三度目の延期を国民に問う。
 2016年7月の再現。
 ※創価学会に単体で戦える中村喜四郎がついたこと。これが最大の不安要素。
③国益のための財務省
 ・「増税しても大丈夫な訳ない」キャンペーン。
 ・財務省スキャンダル噴出。岡本の責任問題。

という事らしい

安倍首相が、麻生さんと二階さんと組んで長期政権やりたいから増税飲むんじゃないかってのが気がかり

財務省が増税したがる理由は
・政治家の際限ない財政拡大圧力を抑制する自信がない
・日銀の独立により金融政策の自由を奪われた

あと軍事と福祉は無限大の金食い虫というのは財政学の基本
どちらもこれで満足とうの状態がないからです

部下の失敗は上司の責任

部下の失敗は上司の責任
そりゃそうでしょうけど・・・
そもそもそれは失敗だったのか?

透析室とオペ室でインシデントレポートが立て続けに出ました
CE管理の機器だったのでいきさつや今後の予定など担当者が説明したのですが
その言い訳が気に入らないらしい
それが事の発端だったのか、先日ブログに書いた様に医療機器管理科は”気に入らない”そうです
担当者は上層部に直接話してないので、上層部はまた聞きだからうまく伝わっていないのかもしれません
レポートって上手く伝わらなかったりしますね。書き方が悪いのか・・・
そんで、医療安全部会という偉い人たちの会議で気に入らない発言があって、「やる気がないのか」「すべての機器を俺たちが見るという覚悟がないのか」「こんなんなら科を取りやめてしまえ」「科になったんだからちゃんとしろ」というような意見が出たそうです。診療支援部長はその会議に出ていて、何とかしなきゃと思ったらしい。助けなきゃ的な、いい意味で・・・
そんで、「CE全員集めて!今後の事について話し合うから」と言われたのでCE集めて部長と話し合いをしました
何だっけ・・・
部長が第一声で、やる気あるの?みたいな発言をするから皆不信感持っちゃって険悪なムード
これからどうしていきたいか、このままだとダメだよ、変わらなかったら科なくなっちゃうよみたいな
部長の意図が皆分からなくて困惑していて、最後の方で一番若い奴が、「今年は我慢の年です、何を言われても今年はやらなきゃならないんです。やってダメだった点を来年要求するしかないんです。」ってやる気ある発言したら
部長「それが聞きたかったの!」
一同「・・・・・・?」
言いたいことがあったら言って、それが科ができたという事だから、看護部と話す時とかどんどん私を使ってくれていいから
やる気があるんだったら私も助けるからって

部長の気持ちは分かったけど、もっとうまい言い方なかったのかなぁ

我々はずっと看護部との闘いがあって、第一は透析室・オペ室が安全に運営できること、次にその中でのNsとCEの仕事の配分なんですよね。それを、科になったから言えば通ると思っている様なので不安。通ればそれに越したことはないんですが。
CEは部署をまたがって仕事してるから理解されないんですよ

あ、そうそう
表題の件ですが
医療安全委員会でレポートの説明をしたのですが、そこで副院長に怒られたんですよ(黒幕はお前か!)
医療安全は怒るとこじゃないと以前教わったので困惑しました。この人スパイじゃないのか?
そんで、会議が終わった後で、ある人に呼び止められて、少し話するかって
この人以前説明した恫喝パワハラの人なので、一度断ったのですが、いいからいいからっていうので仕方なく廊下で立ち話しました
お前も大変だな、部下のやったことだけど長だから怒られなきゃならんからな。
ああいうときは、うまく返せるようにしとかないとな(分かりました言っとけばいい的な)
って言ってくるんですよ
おまけに、おれこう見えていい人なんだからって・・・
院内で一回ガツンとやったから今度は懐柔に入ったか?
雑談もしたのですが、医療業界めっちゃ詳しいし、法学部卒とか言ってたし、馬鹿じゃないという事は分かった
この人のおかげで透析の機器は納入価が滅茶苦茶下がったし(メーカー恫喝)
オーバーホールの金額も下がりました
この人の評価、いいとこはきちんの評価して悪いところも忘れてはいけない
今のところ保留で

あ、そうそう
表題の件ですが(デジャブ?)
透析のインシデントは、透析監視装置の機器から出た廃液ラインから水が漏れて、朝来たら漏水で鳴ってたって話で、患者には何事もありませんでした。メーカーの定期交換部品に入ってなくて、病院側の責任でやることだったらしく、これからは定期交換部品として管理していくことにして、事故のあった年代の機器の廃液ラインは取り替えました。順次交換していく。
オペ室は、Aライン取るときに、オーリングの不具合で接続がうまくできずに、替えのものを用意して、少し時間がかかりました
全マ中だったので麻酔時間が若干長くなったという事。
そういう時のために予備のラインを用意していたので、うまく対処できましたという話だと現場では思っているのですが。
部下の失敗を私が怒られるのは仕方ないにしても、そこまでひどくないと思うけどな。私の危機感が薄いのか?
はっきり言って病棟のレポートの方がよっぽどひどいぞ

いつも分かりづらい文書ですみません
お読み頂きありがとう御座いました

いよいよ決まりか

財務省人事、次官は岡本氏で決まりか・・・?
野党が岡本に文句言えなければ森加計の火消しになるか
それとも一緒に泥をかぶり安倍さんと一蓮托生となるのか?

財務省の保守奔流は増税じゃないそうです
福祉削減らしい

そして、首になった次官だった福田さんは引手あまたらしい
あの福田さんを引き取ったんだから財務省に貸しができて一生安泰とかなんとか

なんだかなぁ

2017年4月に医療機器管理科が発足して1年ちょい経ちましたが
上層部に目の敵にされているそうです
それは言い過ぎかもしれませんが、快く思っていないのは確か
医療機器管理科は診療支援部に属していますが、診療支援部長がそう言ってた
上にそう思われてるって言ってた
何だかなぁ~
詳しくはまた後日
プロフィール

すわるかも

Author:すわるかも
田舎の中規模病院でCEやっています。
病棟機器の保守管理
OP室の始業点検
自己血回収装置の操作
眼科外来呼び込み
職業:臨床工学技士
他資格:准看護師

※※メールアドレス※※
suwarukamo㊥yahoo.co.jp
㊥を@に換えてください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
QRコード
QR