FC2ブログ

違法なの?

当院の視能訓練士は、眼科のOPに限り機械出しをしております。
視能訓練士のI君が最近学会に参加したところ、ある演者の発表で、視能訓練士の機械出しは違法だとの発言を聞いてきた。
そこで調べてみたら、業務指針のQ&Aで、違法だとの記載を発見したので、私に教えてくれました。
ソースは何だ!?
うちはカゴメですけど・・・
視能訓練士の業務について
ネットではこれがありました。(2ページ目の真中より下)
私に出所はわかりません。
が、当院ではこのことにより、視能訓練士はOP室から撤退します。
現状、OP室の人員は足りているようなので、問題なさそうです。
ちょっと不満。
足りてるからいいよって話ではない気もするんですよ。
手が足りてなかったらどうしたでしょうね?
そもそも、法律上誰がやってもいいんじゃなかったの?OP室・看護部はそれを言えよ!言わないということは、方便だったということだ。誰がやってもいいという考えを改めるならいいんですけどね。(看護部嫌い)
詳しいことは裁判にでもならなければわからないのでしょうか?
視能訓練士協会?だかは、どれだけ議論してるのかわかりませんが、臨床工学技士会と比べて、見解が早くていいですね。
(CEとORTでは仕事内容が違うのは解ってる)

というわけで、機械出しは”誰でもやっていい”という前提は崩れたわけです。(あの文が正しければ)
少なくとも、看護補助者はやってもいいかもしれませんが、視能訓練士はやってはいけない。という事かな。
ん!?待てよ・・・
強調するならば
無資格者でもやっていいが、視能訓練士はやってはいけない。
これであってる?
スポンサーサイト



自己嫌悪

患者に自分の事を、どう思われようといいんですけど・・・
しかし、嘘は付きたくない。そう思っていたのに・・・
眼科外来手伝い中に、不覚にも間違ったことを患者に言ってしまいました。
その患者には、先生が正しく説明をし、納得して帰られました。

外待合で眼科のDVDを流しています。それを見た患者が
「白内障の患者が散瞳すると、緑内障になるの?TVで言ってましたが。」
ちょっと癖のある患者だったので、イラっとしてしまい、浅はかな私は間違ったことを言ってしまいました。
「なりません!」なんでこんなにきっぱりと答えてしまったのか?
「先生に確認して下さい。」と引き下がらない患者。
先生がちょうど空いていたので、直接説明してもらう。
先生「人によって違うんです。我々はちゃんと見て散瞳しているから、○○さんの場合は大丈夫ですよ。」

はぁ~・・・そうでした。
隅角の狭い人は要注意でした。散瞳により房水の排泄口が塞がれると、眼圧が上がります。
眼圧が上がって視神経を圧迫し視神経が傷んでしまうと、傷んだ部分に該当する網膜の感度が低下し、視野欠損が起こります。
確か、眼圧が高くても視野欠損がなければ緑内障ではないと言ってた気がする。気がする・・・
眼圧の正常値が10~21mmHg。
しかし、正常眼圧緑内障というものもあるので、眼圧が低ければ緑内障にならないわけでもないらしい。
散瞳したときに眼圧が上がるのは急性閉塞隅角緑内障です。
先生の所見に「AC deep」とありますが、前房が深いという意味で、散瞳してもOK・・・なはず。ですよね?

よく患者が先生にする質問で、「手術は出来るんですか?」とか、「手術すれば治るんですよね?」というのがあります。が、
基本的に緑内障は治りません。
手術は、緑内障を治すものではなく、薬で眼圧が下がらない人に、眼圧の低下を目的として行います。視野欠損を治すものではありません。
緑内障の進行を遅くする事が、緑内障治療の目的です。
これを聞くとがっかりされる方多いと思います。

片方の目で補ってしまうので、気づきにくい病気です。
たまには片目で物を見てください。


頑張れしか言えない・・・

眼科外来の歓送迎会がありました。
色白二重の若いヘルパーさんが眼科外来から整形病棟へ移動になり、新規採用者のオバサンが眼科外来へ配属になりました。オバサン言ってすみません。年齢は私と同じ。しかも小・中一緒だった同郷の仲。世間は狭い。
で、会の中、色白二重の若いヘルパーさん、「新しい職場はどう?慣れた?」の問いに・・・
「ものすごく大変で・・・一息つく暇もなくひたすら掃除で・・・歯も磨けない・・・」
と言いながら泣き出してしまいました。
時間外勤務などつかないようですね。昔ながらの勤務概念がまだ残っています。早出なのに日勤と同じ帰りだったり。
先輩たちは文句言わずもくもく仕事しているようで、自分は不満だらけで、掃除ばかりで何が楽しいんだと思ってしまう。
若い時に陥る壁みたいなものだと思います。ここが頑張りどころなのですが、なんて声をかけたらいいか・・・
自分でも我儘言ってるのが分かっていて、分かっているけどこの不満とかのモヤモヤがうまく消化できなくて泣けてしまうようです。(たぶん)
たしか彼女は一人暮らし。
彼氏いなかったなぁ。
うちに帰って、彼氏にギュッとしてもらうと少しは違うと思うのだけど・・・
そして、「大丈夫だよ。」と声掛けてもらう。








おじさんで良ければ、ギュッとしてあげようか?

だいじょうぶだよ。」 
それ、セクハラですから!

確かにそうだが・・・

眼科での出来事。

二人の若い女性視能訓練士が、眼科医に眼底を見てもらっていた。

診察室から出てきて、女性訓練士が「熱い!、汗かいた!」と言っていた。

一体診察室の中で何してたんだ!?

と少し気になる。

診察室から出てきた眼科医が、





「乳頭見ちゃった。」とか言う。


何っ!?

私もなんだかテンション上昇。



ちなみに
解剖生理の本を読むとこう書いてある。
私の持ってる本には乳腺の項目に

途中引用すると
「乳腺を入れる半球状の胸の高まりを乳房mamma,その中央の突出を乳頭という。」
引用終わり

と、書いてある。
要するに乳頭とは、ある区画されたA~Zまでの地区がある。その内の地区Bの事だ。
一般の方は地区Bだと思うはず。

しかし眼科で眼底を見て、「乳頭」と言えば、「視神経乳頭」の事。







エロくも何とも無いですけどね・・・



眼科医曰く、









「乳頭は乳頭だ!」







熱いな先生・・・





地区Bだったら良かったね。




いかん!いかん!妄想が・・・

神聖な診察室でそんな事・・・





あ、医療従事者がそんな不謹慎な事考えて不愉快だ!と思う方は読まないで下さいね・・・。

オートレフケラト/トノメーター納品

5月31日にオートレフケラト/トノメーター TONOREFⅡ(ニデック)が眼科に納品されました。
2012.05.31tonorefⅡ
画面が傾きます
2012.05.31tonorefⅡ (5)

今まで、レフと眼圧はそれぞれ別の機械を並べて測っていたので大変でしたが、これからは1台で済むので楽チンです。

2012.05.31tonorefⅡ (4)
カッコイー

私が今回注目していた所はここ!
じゃん!
2012.05.31tonorefⅡ (3)
昇降台です。
これは、車椅子も入れるので気に入っています。
今までは、専用の椅子に移ってもらっていました。
車椅子から椅子への移動時の転倒を回避できるので、ありがたいと思います。
車椅子の方全員が有効かは分かりません。
また、昇降台天上にスイッチがあり、下げすぎて足などに当たると止まるようになっています。




・・・



・・・



・・・



操作方法知らないんですけどね・・・
プロフィール

すわるかも

Author:すわるかも
田舎の中規模病院でCEやっています。
病棟機器の保守管理
OP室の始業点検
職業:臨床工学技士
他資格:准看護師

※※メールアドレス※※
suwarukamo㊥yahoo.co.jp
㊥を@に換えてください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
QRコード
QR