FC2ブログ

がんばれ藤井聡先生!

三橋貴明氏のブログより抜粋しますと
大阪都構想について、京都大学大学院教授の藤井聡氏が、「7つの事実」ということで記事が掲載されています。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2015/01/27/fijii/
事実1:今回の住民投票で決まっても、「大阪都」にはなりません。
事実2:今の「都構想」は、要するに「大阪市を解体して五つの特別区に分割する」ことです。
事実3:年間2200億円の大阪市民の税金が市外に「流出」します。
事実4:流出した2200億円の多くが、大阪市「外」に使われます。
事実5:特別区の人口比は東京は「7割」、でも大阪では「たった3割」
事実6:東京23区の人々は、「東京市」が無いせいで「損」をしています。
事実7:東京の繁栄は「都」という仕組みのせいでなく、「一極集中」の賜(たまもの)です。

これに対して、橋本市長がツイッターで攻撃
箕面市長の倉田哲朗氏が、自身のホームページ「「大阪都構想:知っていてほしい7つの事実」をマジメに考える」
http://blog.kurata.tv/article/113351831.html で、藤井先生の主張を曲解している。
「7つの事実」というよりは、藤井先生個人に悪印象を植え付けることに重点を置き、議論の矛先をそらし、挙句に橋下市長が、「藤井教授の主張のでたらめさは大阪府箕面市の倉田市長がまとめてくれました。」
 とツイートし、藤井先生の主張全体の信憑性を貶めようとする、典型的なソースロンダリング(情報源の洗浄)が行われたのでした。
今回の藤井先生に対する言論封殺、あるいは「印象操作」は、まさに典型的なプロパガンダです。プロパガンダである以上、何らかの目的があるわけですが、要するに大阪維新の会側は、
「大阪都構想がいかなるものなのか?」
「住民投票が成立しても、別に大阪【都】になるわけではない」
 といった「事実」を、日本国民、特に大阪市民(大阪市民以外の府民は投票できません)に知らせたくないのでは、と、推察せざるを得ないわけです。
本質は、7つの事実が正しいのか、間違っているのか、それだけです。

藤井聡氏の反論です
【藤井聡】大阪都構想(3):公権力者の「詭弁」がもたらす「言論封殺

「~橋下市長「大阪都構想」問題について~
権力による言論封殺には屈しません」

皆さんはどう思われますか?
スポンサーサイト



もはや決定的!国民との乖離!

マスコミ側と、国民の意見が乖離している。
ISIL一連の報道で思う。
体質的には今までも同じであるが、知っててやってると思っていた。
誰かが、「自己批判できる我々は優秀なんだ。」と思っているのだろう。と言っていた。
そんなことあるのかな?と思っていいたが、ホントにそうなのかも。

読売新聞の調査では、後藤さんの自己責任論は80%以上の支持でした。
政府の対応も賛成が多数でした。
もはやワイドショーと化していたテレビは、多くのチャンネルで必死に政府批判をしていました。
国民は自己責任論支持、に対して、テレビは身を守るために政府批判。
危険地域に行かせないために、犠牲者が増えないために、マスコミは、ジャーナリストなりが撮って来た映像を買わないし、発注しないというルールがあるようだ。そこを突かれたのでは?
で、あるジャーナリストが外務省にパスポート取り上げられたと報道。報道、渡航の自由とかがあるから行っていいんだよとアピールしたいのでは?つまり、後藤さんにも行く自由があったからと正当化しようとしているのでは?(公共の福祉に反しない限り)
自分とこの社員を使わず、フリージャーナリストに行かせたのも指摘されている。

そして、テレビ朝日がヤバい!
失敗の連続だが、いっそ潰れてしまえ!
・政府・外務省関連で誤報を報じ、外務省から訂正するよう言われていた。
  2月2日放送 テレビ朝日「報道ステーション」の報道(総理中東訪問関連)に関する申し入れ
・後藤さんへ発注していたのではと疑惑浮上
・ユーチューブアカウント停止
  この、ユーチューブアカウント停止は、結構ヤバイんでないの?
・アイドル意識不明

ISIL関連の動画を流すと、ISILを支援しているという事で、世界では放送していないようだ。
それを日本のマスメディアは分かっておらず、使用している。

テロとの戦い~~(渡邉哲也氏によると)・・・・・・・・・・・・・
国連の下部組織に、FATF(テロとマネーロンダリングに対する国際委員会)がある。またはエドモンドグループともいう。ここが
各国FIU(日本ではJAFIC)が連携して、ずべてお金の流れを握っている。
お金を直接間接問わず、テロリストに流してはいけないという国際ルールになっている。
映像の購入も一切禁止になっている。
例えば、今回の件でも、現地に入っているジャーナリストがテロリストグループに対して、協力費という名目でお金を払っていた場合、派遣したテレビ局及びメディアが、アメリカの金融制裁の対象になりうる。
米国の制裁リスト、SDNリスト。
米国愛国者法で米国との取引を禁止できる。
世界中どこの国であっても、アメリカの銀行と取引できなくなるので、企業が潰れる。
もし、テレビ朝日のお金が流れていた場合、金融制裁の対象になる可能性がある。
ここ重要→ISILのPR映像を流しているのは、日本のメディアしかいない。←ここ重要
後藤さんは事件の当事者なので、後藤さんへの入金口座はすべて警察庁内にあるFIUが把握していてる。誰がどのような形で、現金以外の銀行口座を介してのやり取りはすべて当局が把握している。このデーターは世界中が共通して国連の下部に集められ、アメリカ当局もすでに分析が始まっている。お金を払ったメディアについて、調査が入る。資金が提供されたと判断されれば、米国愛国者法に従い、銀行口座を凍結される。
ユーチューブはアメリカの企業なので、アカウント停止は、これに引っかかっている可能性が高い。
日本でも去年テロ三法ができた。テロへの資金援助は二次的であっても口座の凍結。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あの二人の日本人を使って、ISILのプロパガンダの手伝いををていたのが日本のメディアだったのではないか?
世界の常識とかけ離れた事をし、犯罪に手を貸しているという認識がない。

ホントに良くわからないが、ISILは何がしたかったのか?
日本とヨルダンの中を悪くしようとしていたのだろうか。
いったい誰が得をしたのか?イスラエル?
ヨーロッパとかアメリカとかは、あの辺は紛争があって、分裂していた方が都合がいいらしい。とか。また、そうするために分裂工作をしているとか。石油資源が豊富だし、統一されると厄介だというんですよ。だから、出た杭はことごとく潰されてきた。
残虐な事をアピールしたら、支持者が増えるとは思えないのになぜ?
戦争は民間軍事会社が代行している。だから、ゆかわさんは、そちら側の人間ということになる。
日本は、政府の支持率が上がって、世界には「テロには屈しない」と意思表示でき、評価も高い。人道支援もガンガンでき、周辺諸国は喜んでいる。国民の国防意識もあがって、いい方向に進みそうだ。
だから左翼は焦って地雷を踏みまくっているのか?しかし、我々の身の安全は、政府によって守られているという事を理解する必要があるだろう。


名称について
ISILですが、ISISにしないと本当の意味が分からなくなるという人がいる。
そして、ISISをイスイス団と呼ぶ人たちもいる。

放射線について

LNT仮説・しきい値なし直線仮説
1930年のマラー博士の研究
「ショウジョウバエに放射線を当てると、子孫に突然変異が起こる度合いが増し、度合いは当てた放射線量に比例する。」
というもの。
しかしこれは、「細胞の修復機能がない」ショウジョウバエにおいてのみ成立する特殊なケースだったようです。
マラー博士が用いたショウジョウバエの精子細胞は、DNA修復機能がない特殊な細胞だった。

2006年の電力中央研究所での追試(DNA修復機能あり)で、マラー博士の研究結果は否定された。
「放射線の有害性は、浴びた放射線量と直線的な比例関係がある。」というLNT仮説はあくまで仮説に過ぎなかった。
人間の細胞は活性酸素との戦いで、細胞1個当たり毎日100万回のDNA修復活動を行なっている。人間の細胞が恐るべき速度で修復活動を実施している以上、一時的に浴びた放射線量の影響は「リセット」されてしまう。放射線の影響は「瞬時に浴びると致命的な打撃を被る線量」ではない限り、人体が細胞を再構築し、修復してしまう。この致命的な線量がしきい値になる。

2001年フランスのモーリス博士
人の細胞に対し、様々な線量率でガンマ線照射実験をした結果。
「10ミリシーベルト/時 以下の放射線照射で、人体細胞のガン化はありえない。さらにガン抑制遺伝子p53の活性化による異常細胞の除去もあり、10ミリシーベルト/時 以下の照射を長時間受けても、人の体の細胞はパーフェクトで、発ガンなど考える必要はない。この事は、100ミリシーベルト/時 以下でも言えるかもしれない。」
というもの。

日本の玉川温泉や三朝温泉に入るとラジウムやトリウムなどの放射線を浴びることになる。同地で浴びる放射線は、年間で4~5ミリシーベルト。
岡山大学三朝医療センターなどの37年間にも及ぶ疫学調査によると温泉地区の方がガンによる死亡率が「低い」事が明らかになっている。

すなわち、マラー博士が提唱した放射線の直線仮説は誤りだったというのが、現在の放射線医学会の常識なのだ。
問題なのは、一定時間に「どれだけ大量の放射線を浴びるか」というしきい値の問題であり、しきい値未満の放射線は、人体の修復作業により「リセット」されてしまう。
問題になるのは「一定時間にどれだけの量の放射線を浴びると発がん性が高まるのか、そのしきい値」のみ。

ちなみに、地球上で生活している限り、年間2.4ミリシーベルトの放射線を浴びることになります。(世界平均)

で、しきい値とはどのくらいでしょうか?
一度に500ミリシーベルトの放射線を全身に受けると、血液中のリンパ球の数が一時的に減少する。1000ミリシーベルト以上になると、気分が悪くなるなど、体調不良が始まり、最悪死に至るケースもある。だが、100ミリシーベルトの放射線を一度に全身に受けても、身体への影響は見られない。
子孫に影響が出るか?
広島・長崎の原爆により、大量の放射線を浴びた方々へのABCC(原爆傷害調査委員会)追跡調査が行なわれた結果、これまで子共への遺伝的影響が見られたケースは存在していない。

ICRP(国際放射線防護委員会)は「年間20~100ミリシーベルト」を避難基準としている。年間20ミリシーベルトの線量を浴びると「危険かもしれない」との認識を示している。これは、3.8マイクロシーベルト/時 になる。(屋外屋内など低減効果も考慮している)
瞬間的に100ミリシーベルト未満の放射線を浴びても人体への影響が確認されていない以上、毎時3.8マイクロシーベルトの放射線に問題があるはずがない。
仮に、LNT仮説が正しいとすると、年間20ミリシーベルトを5年間浴び続けると、放射線を蓄積して100ミリシーベルト浴びた事になる。そうなると、発がんの発生確率は0.5%上昇する。
ICRPの基準は、LNT仮説に基づき、きわめて「バカバカしいほど厳しい」可能性が濃厚なのだ。
現実にはLNT仮説は成り立っていない。そうである以上年間20ミリシーベルトで避難を強制した場合、そこに数値的根拠は全くないという話になってしまうのだ。

この記事は
”マスコミが絶対に伝えない「原発ゼロ」の真実”
著:橋貴明
発行:TAC出版
より抜粋しています。

これを信じるかどうかは、ご自身の判断でお願いします。



最近ハマってるのは・・・

以前職場で、「聖徳太子ってホントはいなかったっていうよね?」と言われ、「へーそうなんだ。」と答え、気にしていなかったのですが、ひょんなことから、偶然見つけました。
シナ側の書物にも、日本側の書物にも、書簡を、聖徳太子が送った(隋と唐)とは書いてない。
あれですよ、「日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す。つつがなきや」ってやつ。
随の書にはあまたらしひこ(推古天皇ではない男の王)の使者が持ってきた事になっている。隋側に嘘を書く理由がない。
日本書紀編纂にあたって、スポンサーである天武・持統にとって都合の悪い、後世に知られたくない何かが存在したのではないか?と書いてある。
書いてあるって、何に?
これこれ

岡田秀弘著作集 Ⅲ日本とは何か
藤原書店

岡田秀弘著作集は全8巻のようです。
奥さんの宮脇淳子さんが倉山塾の関係で勉強会の一部を音声販売していたので、ついつい買ってしまいました。
それが面白かったので、結局元本を購入してしまいました。
本の価格、なんと4800円、辞書ほど厚い。
音声はなんと驚くなかれ、6000円! 高杉~
面白かったからいいか・・・

他には、古事記は日本最古の書物ではない。という事。偽作だって。
古事記自体は評価しているが、これが、”日本最古の歴史書だ”として教えるのは、古事記の価値が下がると言っている。
古事記は、日本書紀より1世紀後だと言っている。もちろん理由も書いてあります。
日本書紀も、古事記も、やはり、政治的な背景があって、当時の政権や編纂者の思惑がある。

邪馬台国はどこにあるか?
魏志倭人伝から推察しても無駄。
司馬懿の政敵曹真が、クシャン王の使節団を訪問させた。
邪馬台国は、司馬懿(しばい)の功績やメンツの為に、クシャンと同等の大国に仕立て上げられ、邪馬台国に表敬使節団を派遣するように促したようだ。
よって、親魏大月氏王と同等の、親魏倭王の名を卑弥呼に与えた。
近くて小さな国ではメンツが立たないから、遠くて大きな国に仕立て上げられた。
邪馬台国までの距離のべらぼうな数字は、帯方郡から邪馬台国までを1万2千余里とする政治上の必要から起こった。
これは、クシャン帝国と同じ位の距離になる。

それと、驚くべきは、日本誕生の秘密です。
岡田氏は40年くらい前から言っているようだが、なかなか採用されない。なんとか歴史学会?では、日本史が専門ではない人間の言う事を聞けないのである。そりゃそうですよね。読んでみると、華人や百済人、新羅人達と共に日本を建国し、大陸の影響をずいぶん受けている事が、受け入れられないのだと思う。大陸とは全く別の日本独自の文化があったと主張したいのです。それは分かる。私もそう思いたい。
さて、どちらが正しいのか?
この本が言うには、日本建国は、倭が白村江口の戦いで全滅し、その影響で、倭国王家を中心としてまとまり、建国に至った。初代天皇は天智天皇で、この時初めて日本という国号と、天皇という王号を作った。近江律令で制定されたのであろうと書いてある。
おもしろーい。
日本語の誕生も書いてあります。

今やっと5分の3程読みました。
興味のある方は、読んでみてください。
損はしないと思います。

どうなのかな?

拉致の話題でもちきりですが、違和感がある。
気のせいかもしれませんが、ゆかわさんの場合と、ごとうさんの場合と、テレビの対応が違う気がします。
ごとうさんの場合、歌番組では、配慮して、危険な詩は一部分変更して歌っていました。
なんだ、「やろうと思えば、配慮出来るんだ」と思っていましたが、あるネットでの情報だと
ごとうさんは、私の個人的にはあまりいいとはいえない団体に属しているようだ。
あーそういうことか。幾分納得した。
もうひとつ、
ある番組でやっていたが、テロとの対応で、大騒ぎしない事。と、言っていた。
騒げば騒ぐほど奴らの思うつぼだというのです。
しかし、地上波ではもちきりです。
ねっとでは、色々ネタがありますが、調べれると、自分は気が弱いので、精神が耐えられなくなりそうだったので、途中で拉致に関して調べるのをやめました。といっても、調べて分かるのはモザイクなし画像ぐらいですが、相手は野蛮で、話で解決できない人たちですがらね。酷い拷問を受けるのでしょう。
1つ知りたいのは、ごとうさんは、1人でどうやって助け出すつもりだったのか?そのプランを知りたい。とても正気とは思えません。10分300万円に乗ったのでしょうか?
生きて虜囚の辱めを受けるなというのは、こういう事だったと思うんですよね。シナ事変以降でしょうか?シナ人が残虐な殺し方をするので、捕虜になる前に自害した方がいいと。アメリカもそうですけど。
ですが、主権の侵害ですので、法治国家として、テロには屈しない姿勢でいかないと、北朝鮮による拉致と同じようになりかねない。それと、日本人なら助けないといけない。二つの相反する事をしなければならないので、困難な交渉です。政府に頑張ってもらわないといけないので、ひとつにならなければという時に、足を引っ張る人たち。
それと、ある番組で、「左翼の人たちが”I am kenji”とやっていますが、同じように、アイアムめぐみとか、北朝鮮に向けてやって欲しい。やれるのか!」と言っていた。自己責任と自分で言って捕まった人。自国にいて連れ去られた人。北朝鮮による拉致被害者家族の方たちは、今回の一連の報道は複雑でしょうね。
それとね、ホントに助けるべき日本人なのか?ってのもありましたね。どうなんでしょうね。すぐに○日だ!となるので、確証がないのに騒ぐのはいけませんね。日本国籍じゃないのに日本政府に助けを求めていたら?国民は怒るよね。
そういえば、新3要素でしたっけ?昨年7月にできたのって。自衛隊派遣できるとかできないとかいうやつ。今回は国の存続が脅かされるとまでは行かないので、派遣出来ないのかな?
現実を見て、早く法整備を進めないとね。

普通の国は軍隊があって機能しているのに、日本は普通になろうとしても左翼が邪魔をする。
はっきりした事は言えないけど、戦争を出来ない国にさせている左翼と、他国からの侵略に自衛の出来る国にしたい保守。日本人は他国を滅ぼそうとかそんなこと考えている人いるんですかね?誰が戦争したいんだろう?
アイシル?の件でちったぁ目が覚めたかな?左翼の諸君。外国はおっかないんだよ。
安部政権、政府の対応を批判したいんだろうけど、フットワークが悪いのは、お前らのせいだ。
国民が戦後レジームからの脱却を願い、声を上げないと、政治家も動けない。
と、思う今日この頃。
プロフィール

すわるかも

Author:すわるかも
田舎の中規模病院でCEやっています。
病棟機器の保守管理
OP室の始業点検
職業:臨床工学技士
他資格:准看護師

※※メールアドレス※※
suwarukamo㊥yahoo.co.jp
㊥を@に換えてください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
QRコード
QR