FC2ブログ

冬休み終盤


おとといの土曜日は、子供達の行事で近所の門松を集めて燃やして、お餅を焼きました。
田んぼのような場所が必要で、農家の方に借りるのですが、後が大変らしく、なかなか貸してくれる農家がいません。小学生の子供を持つ農家の方が仕方なく貸してくれるようです。
田んぼの無い地区は小学校の校庭でやります。
昔は4日に集めて7日の朝に点火というのが慣わしでしたが、今は大人の都合で日時が決まります。そして、お餅は焼いて持って帰り七草粥に入れましたが、今はその場で食べます。醤油持参!これ大事。
夕方、長男の縄跳びの練習に付き合いました。
私がこうやったらどうだ、ああやったらどうだ、とアドバイス(これがきっとうるさい)をすると、「うん、分かった。」と言って跳び始めます。しかし、アドバイスを無視した跳び方でした。
それに腹を立てた私は、「40回(本人の目標)跳べるまで家に入ってくるな!」と言って家に入って行きました。長男は「うん、分かった。」と言って跳び始めました。
しばらくして、あいつホントに練習してるのかなぁ?と思い、外を覗くと、ちゃんと一人で練習していました。
感心、感心。
私も外に出て、一緒に練習しました。私は100回の目標を立てました。なかなか跳べず、こんなはずじゃなかった。と思いつつ、何度目かの挑戦で100回達成しました。足が疲れ、息も切れてもうクタクタです。
長男も40回跳ぶことが出来ました。「よくやった。」と褒めてあげました。
しかし、40回跳んだところで、続けずに止めてしまったのが残念です。


子供の冬休みに凧揚げしなきゃいけないと思っていました。
8日の日曜日に公園へ行って揚げて来ました。
使命を果した気分です。
家にあった凧は7連凧です。
風の少ない微風状態。なぜ?
それでも子供達はがんばって走っていました。
上に揚がった時に紐を伸ばせればいいのですが、なかなか難しい。
それでもそれなりに揚がって楽しめました。
去年は河原の広い場所で風もあり、良い環境で紐いっぱいに凧が揚がりましたが、私がイラついて子供達を怒ってばっかりだった気がします。
褒めて伸ばすって難しいです。

ちびはパパとママをちゃんと区別して言い分ける事ができるようになりました。
女房は透析Nsで年末年始の連休はありません。仕事です。(もちろん休みの数は一緒ですよ。)
その年末年始で私が一緒にいたので、最近は私を呼ぶことが前より多くなりました。
「ぱぁ~ぱぁん。」と呼びます。
寝る時に呼ばれて、「ぱぁ~ぱぁん、ねんね。」と言って私の所へ枕を持ってきます。
お店で男チームと女チームに分かれて、途中で出くわすと、
まだ恥ずかしいと言う事が分からないので、「ぱぁ~ぱぁん、オーイ。」と言って大声を上げます。
まだまだ可愛い。
結構食べるので、それが心配です。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

すわるかも

Author:すわるかも
田舎の中規模病院でCEやっています。
病棟機器の保守管理
OP室の始業点検
職業:臨床工学技士
他資格:准看護師

※※メールアドレス※※
suwarukamo㊥yahoo.co.jp
㊥を@に換えてください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
QRコード
QR