FC2ブログ

むつかしいなぁ・・・

塾長からの問題
コピペ~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「生前退位」に関して。
皇室典範の改正と特措法の二つの方法が議論されている。
その得失を、比較して述べよ。
必ず、日本国憲法第二条との関係について述べること。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

へ?
むつかしくない?
ちなみに第二条は

日本国憲法
第二条
 皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範 の定めるところにより、これを継承する。

とある

コピペ~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ポイント
 特措法と典範の関係が重要になります。
 特に「違憲の天皇」とのいちゃもんを許さないという観点が必要です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということですが、
わからないので
早速、塾長のお考えを見てみましょう。

コピペ~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私が内閣法制局長官なら、どうするか。
 あえて典範をいじらず、特措法のみで対処します。
 では、日本国憲法二条はどうなるか?
 法制局の権威で、いかなる理屈をつけても無視します。
 当然、「左下」の護憲派からは「違憲の天皇」の疑義が上がります。
 「右下」の日本政府では対処できません。
 その時、「戦後レジーム脱却」を掲げる政府は法制局にすがるしかありません。
 「左下」をけしかけて右下がすがってくる状況を作る。
 私が「左上」の法制局なら、これを考えます。

 だから私は「右上」の立場で、これをさせないことを考えます。

・典範は、一条だけでもいじる。「譲位」の条文が必要。
・手続きが典範であるのが、特別法(特措法)であるのかは問わない。
・今回、余計な事を書かせないため、典範の改変は最小限とする。

 では、今の漏れ伝わる政府方針のように、「特措法だけ」になったらどうするか。
 特措法は、
「一般法である皇室典範の特別法であるので、日本国憲法第二条に違反しない」という解釈で行く。
 たぶん、法制局はこれでいくのだろうけど、政府(安倍内閣)が典範を一条もいじらないなら、その時は仕方がない。
「左下」護憲派が「違憲の天皇」と言い出した時は、「右上」の総本山である京都学派の奥義で対抗するしかない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

う~ん。なるほどなるほど。
親切な塾生さんのコメントも載せておこう
こぴぺ~~~・・・・・・・・・・・・・・・・・・
===分からない人向け===
法律は上下関係が有り、上の法律が下の法律を上書き出来る。
原則、憲法>特措法>一般法となり、纏めると「憲法----[詳細はこちら~♪]----→皇室典範----[俺の例外で上位]----→特措法(ここに書く)」
となり、「特措法>一般法」の原則により、同じ皇室典範内で上位に記載されるので、憲法違反にはならない。
======================
もう一人~
***参考****
※初学者の塾生の方向け、皇室典範改正について。
皇室典範は、改正の難しい法律と言われますが、過去一度だけ改正された事が有ります。
1949年、宮内府⇒宮内庁と文言変更。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レベル高杉~
おいらついてけない(涙)

ちなみに、マック憲法(マッカーサー憲法)では、天皇は、ロボットじゃない。
今の内閣法制局の考えは、天皇はめくら盤を押すロボット。
知ってました?
GHQが作ったとき、マッカーサーやケージスはロボットだなんて思ってなかったようです。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

すわるかも

Author:すわるかも
田舎の中規模病院でCEやっています。
病棟機器の保守管理
OP室の始業点検
自己血回収装置の操作
眼科外来呼び込み
職業:臨床工学技士
他資格:准看護師

※※メールアドレス※※
suwarukamo㊥yahoo.co.jp
㊥を@に換えてください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
QRコード
QR