そうだよね・・・

amazonはなるべく使わないようにしているので、オンライン書店e-honで注文して、希望の書店に届けてもらいました。
今回買った本はこれ
20170701約束の大地
”約束の大地”
 ~想いも言葉も持っている~
詩:みぞろぎ梨穂
青林堂

ご覧の通り 何もできない私ですが
ぼんやりと生きてきたわけではありません。
ずっと私は 人間とは何なのか
ということを考えてきました。

病棟で意思の疎通が難しい患者を思い出します。
ベッド周辺で危険な言葉使いをしていることはありませんか?
この詩を読んでみて、自分よりよっぽど人間的だと思いました。
体が不自由で動けなくても声が出なくても、言葉をもって、想いも持っていて同じ人間なんだと思い知らされました。
通訳の人が多くなり、コミュニケーションツールが発達し、もっと自由に自分の想いを発信できるようになれば
SNS上では見分けがつかない。人と人は対等である。
なんかうまく言えないので、対等とか書くとどっちが上とかいう話になりがちだけど、見た目で
人は判断してしまうけど、意思の疎通ができれば、見かけで判断してはいけないことに気づくはず。
(上から目線のつもりはないです)

私は文章読解力がありません。国語は苦手でした。だから、この本の感動も違う部分かもしれません。
私から見れば、彼女の境遇は辛いとしか映りませんが、彼女の言葉には、母や周りの人への感謝があるのです。
母もまた、子供への感謝があるのです。

これを読めば、明日から医療が変わる!
医療従事者は襟を正そうね。
ごめん、ちょっと言い過ぎた。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

すわるかも

Author:すわるかも
田舎の中規模病院でCEやっています。
病棟機器の保守管理
OP室の始業点検
自己血回収装置の操作
眼科外来呼び込み
職業:臨床工学技士
他資格:准看護師

※※メールアドレス※※
suwarukamo㊥yahoo.co.jp
㊥を@に換えてください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
QRコード
QR